* 花のみち *

【月組】カフェブレイク特別編 みやブレイク 司会美弥るりか、ゲスト宇月颯 (10/20)





特別編のメニュー…(1)美弥ブレイク(月組・美弥るりかさん司会によるスペシャトーク。お客様は宇月颯さん)…(2)フレッシュカフェブレ(月組98期の皆さんがご出演)…(3)雪組新トップコンビスペシャトーク(新トップスター望海風斗さんと、トップ娘役、真彩希帆さんが次回作に向けた意気込みを語り合います)…(4)今回の作品で退団が決まっている宙組?朝夏まなと初日会見!!




美弥るりか(以下、美弥) :突然のみやブレイクの時間がやってまいりました。今日はですねまたゲスト来るはずなんですけどいないんですよね。
もしや一人なんでしょうかね……ん?

:アラミス

美弥:あははは(笑)あなたがゲスト?

宇月颯(以下、宇月) :今日はそう、ゲストと言いますか、今日は9月12日お誕生日おめでとうございます

美弥:あははは(手を叩く)

うそ、なに?

宇月:おめでとうございます。座らせていただきます

美弥:どうぞどうぞ、えっくださるの?大好きこれ

わーいたべます!ありがとうございます
※プレゼントされたものはヴィタメールという洋菓子屋のものです

宇月:美弥さんお誕生日はあれですもんね愛猫のルシェちゃんと同じ誕生日なんですよね

美弥:同じ日だから、猫会同士としては誕生日の12時には猫を持ってジャンプするっていう。

宇月:(爆笑)

美弥:やっぱカウントダウンはその子と共にしたいので、私は9月12日になる瞬間は絶対ルシェと一緒にジャンプ!ってするんですけど、だいたいジャンプするとびびって

宇月:ピョーンっていっちゃう

美弥:バーンって飛んでいくんですけどその瞬間に爪が随分自分に突き刺さってピャーッていくのでだいたい怪我をするっていうね

宇月:誕生日の一番はじめに思う感情は痛い

美弥:いたいやっぱり痛い今年も痛い、っていうアレなんできっと今年もそうなるのかなと

宇月:じゃあお待ちしてますその動画を

美弥:そうね(若干困惑)わかった動画欲しい?動画撮るね

宇月:こうやってねここに来させていただいたんですけれども、何を話せばいいんでしょうかなと思って

美弥:私たち三銃士としてねアトスとアラミスとして交流を深め、熱演したわけじゃないんですか三銃士、All for Oneを。そちらも終わりまして、終わりますと私たち、私はディナーショーをさせていただいて、としちゃんはミュージックパフォーマンスというディナーショーのようなまた違った、でもまあだいたいディナーショーとほぼ変わらない

宇月:形式は、はい

美弥:ていうのをお互いするんですよ。だからその話をさしようよっていう話なんだよ
だってほら皆さんは題名と日程しか知らなくて

宇月:そうですね確かに

美弥:内容を皆さん心待ちにされてるから、言える範囲でいいからどういう曲、どういうことに挑戦したいとかあるの?自分の中で

宇月: All for Oneでもね殺陣やってたじゃないですかアクション。すっごい楽しくてディナーショーとかああいう場でアクション見たことないな〜って思って

美弥:あははは!(爆笑)それやばいね

宇月:私アクションやってみようかなって先生に言ったら「殺陣の先生いないから自分でつけれるならいいよ」って言われて、自分でこんなん

一人でね相手3人他にね出演者出てくれるんですけどみんなを斬ってくのもなんかあれだし

美弥:それなんなんそれどういう、一曲殺陣するっていうこと?やめたほうがいいと思う

宇月:ふははははは(笑)で、だからまあ却下されたわけですよ

美弥:却下だと思うそれは

宇月:とかね色々ね変わったことが出来ないかなって思って

美弥:わかる。私もやらせていただくのはすごく嬉しいけどその中でやっぱり何か新しいことをしたいっていう気持ちはあるよね。だから普段のディナーショーより私はガツガツ踊りたいなと思ってるから、そういう構成ができたらいいなと思うし、宝塚のもちろん皆さんが知ってる曲も歌いたいなって思うけど、自分が心から好きな曲とかを歌うことで好きな曲って一番自分の心とさリンクしやすかったりしてお客様にも気持ちが届けやすいのかなと思うから、普段自分がプライベートで聴いてる曲の中で好きな曲とかを何曲か選んでそれをパフォーマンスでできたらいいなとか思ってる。K-POPとか

宇月K-POP好きだよね

美弥:好き。昔から好きなのでちょっと入れちゃおうかなと、完全なる趣味の時間を設けようかなと

宇月:でも"美弥るりかディナーショー"だから美弥るりかさんの全てが出るディナーショーになったら私も嬉しいなとすごく上からですが思います

美弥:自分のこと言って自分のこと

宇月:あのね自分のこといえって(笑)

美弥:だからこのみやブレイクを見て下さったかたにしかわからないのを本番でなんかやるって今何か約束して

宇月:えー!そんな無茶振り!?

なんも決まってないのに、うそでしょ

美弥:なんかのポーズするよとかそしたらすごい嬉しいと思う

宇月:公演とか以外の話でって聞かれたら本当に猫しか出てこないのよ話題が

美弥:あっ、わかったじゃあ

宇月:どうしよう本当にそれしかないんだけど、つまんない人間だね

美弥:うんつまんない

宇月:うふふふふ(笑)

美弥:だからこういうポーズしたらいいじゃん

宇月:やだそれはヤダそんな可愛いの。
美弥さんがやったらね「可愛い〜」とかねなるけどね

美弥:いやいやいや、もうそういう学年じゃない

宇月:でもねミュージックパフォーマンスっていうね題名じゃないですか、作品名が。だから誰かのディナーショーとかではなくて、一つの作品として作り上げるんじゃないかなっていうのをねみんなでって思ったんだけど

美弥:脱線してるからいま話が!

宇月:だからね、なんか変わったことをってことでね
飼ってるぽっちゃんとか猫とかが通行してきたら面白いな〜とかね舞台上をねって思ってるの

美弥:じゃあポテを出すっていう約束でいいの?

宇月:できないできない無理無理。それはちょっとごめんズレたね話がね失礼

美弥:カフェブレイクポーズみたいのしてどっかで絶対

宇月:カップを出す

美弥:じゃあ絶対カップ出すって約束しましょう

宇月:それだとそういう構成にしないと

美弥:そういう構成にして

宇月:小道具もさ用意して頂かないといけないじゃないですか

美弥:決まりました(拍手)
コップを持つか、猫を通行させるかっていう約束をしましたので見に行った方はコップ持ってたら本当にやったんだ「ぷっ」って思って

宇月:あっ!違うよでもさ食事とか皆様召し上がられてるわけでしょ、コップがあるはずじゃないですか

美弥:あっわかった(手を叩く)

宇月:だから皆様にこうやって、やって

美弥:客席降りした時に絶対誰かのティーカップを持つ

宇月:乾杯させていただいたらいいんだ!
どうしよう緊張してこんなん(手をブルブル震わせる)なっちゃうかもしれない

美弥:中身溢れる

宇月:じゃあるりちゃんもやってよ

美弥:なにを?

宇月:それ

美弥:わかった

宇月:先に公演されるからそれを見させていただいて、流石だなと思って

美弥:全公演します

宇月:は〜(息を飲む)、でもねでもねこの方ねそう言いながら忘れるのたぶん

美弥:忘れない!ここで違います



美弥:じゃあお互い新しいことへの挑戦頑張っていきましょう

宇月:はい!

美弥:皆さんどうぞ楽しみにしていてください

宇月:は〜い